30代から未経験の転職 成功と失敗を分けるもの

「仕事が毎日同じことの繰り返しで、やりがいがない」

「今の仕事に興味が持てない」

「今の待遇に満足できない」

「転職したいけど、今の仕事以外経験がない。他業種や他職種に未経験でも転職できるんだろうか」

 

30代で転職を考えている方はとても多いです。

私は20代の時に前会社に拾ってもらい、30代まで働き続けていました。

仕事自体は毎日同じ作業の繰り返しだったので、楽しいと思えたことは一切なく、かといって特に苦しい訳でもなく、ただただ浮き沈みのない日々を過ごしていました。

そのまま30代へ突入しましたが、本当に自分の人生このままでいいのだろうか?やりたいことや興味のもてることをやるのが人生では?と思い、33歳から転職活動を始めました。

しかし転職活動を成功するまでに1年近くもかかってしまったのです。

というのも私は前の仕事しかやってこなかった為、他の仕事は未経験の身。

そこでこの記事では、私が1年間学んできた、未経験転職の為に必要なすべてのことをシェアしたいと思います。

是非、参考にしてください。

未経験業界への転職は失敗しやすい

30代から未経験職種への転職は、不可能ではないですが、少しハードルが高いです。

というのも、20代まではその人材のスキルの伸び率や人柄を重視されるので、アピールする余地がたくさんあるからです。

また今はうまくできなくても、ゆっくり育てていこうと企業も考えています。

30代転職には即戦力が必要

しかし企業が30代に期待するのは、そのようなポテンシャルではなく、即戦力や実績です。

つまり基本は経験者が優遇されるため、未経験では厳しいのが現実です。

もし未経験ならば、その仕事をできるであろう証明が必要になります。

 

例えば、あなたが最近小さい会社を立ち上げ社長になったとしましょう。

最初は一人でやっていましたが、お金の細かい計算や備品の整理、来客など手が回らなくなってきた為、事務員を雇用しようと考えます。

そんな時、「30代 事務員経験3年のAさん」「30代 事務未経験 前職販売職のBさん」が面接に来た場合、どちらを雇用するでしょうか?

明らかに経験者のAさんですよね。

ただ1年後、2人目の事務員さんを募集したいとなりました。

その時「30代 事務員経験1年のCさん」「20代 事務未経験のDさん」ならどうでしょう?

経験者はすでにAさんがいるので、この場合Dさんにも少しチャンスがあります。

育ててみようと考える余裕があるのです。

では次に「30代 前職営業のEさん」「30代 前職販売職のFさん」。

この場合、Eさんは営業をやっていたこともあり、ビジネスに必要な基本的スキルは全て備わっているであろうことが予想できます。

Fさんも同様です。また伝票処理や備品整理など事務的仕事をやっていた可能性もあります。

事務に必要な能力をEさんもFさんもアピールできれば、確実ではないですが、どちらにもチャンスはあります。

これが証明です。

つまり30代から未経験で転職を成功するためには、「その仕事を私はできます」という証明が必要になるのです。

30代未経験転職の資格 無いよりあった方が良いが、即戦力にはならない

このように言うと、資格を取れば転職に成功しやすくなるのでは?と考え、資格取得を頑張る方が多いですが、資格はないよりはあった方がいいのは当然ですが、必須ではありません。

言い方は悪いですが、誰でもとれるような資格を取得しても即戦力があるとはみなされず、役に立たないのです。

それならば、アルバイトでもよいですし派遣でもよいので、少しでもその希望職種に携わった経験がある方が有利なのです。

何度もいうように、無いよりはあった方がいいです。

ただ資格コレクターにならないように注意しましょう。

30代から転職で注意したいこと

では次に30代の未経験転職で失敗しやすいことを見ていきましょう。

転職をする時は、今の仕事から離れられるという嬉しさから、良い面しか見ないですが、転職して失敗してしまうケースも多くあります。

そういうリスクをなくしてから転職を考えるようにして下さい。

転職活動が長期化する可能性

通常、転職活動にかかる期間は1〜2ヶ月程度で、引き継ぎや退職なども合わせると3ヶ月くらいが一般的です。

ただ、30代未経験への転職の場合、一般の転職よりも少しハードルが高いため、スケジュールをしっかり組まないと長期化する恐れがあります。

私の場合は1年かかってしまいましたが、これも珍しいケースではありません。

ですので、できる限り在職中に転職活動を行うようにしましょう。会社を辞めてから転職活動を始めると、徐々にお金もなくなり、精神的余裕もなくなります。

すぐに働く必要もある為、次の仕事も適当に選んでしまい、なんのために転職したのか分からなくなることもあります。

必ず働きながら就活を行いましょう。

未経験の転職は年収がダウンする可能性が高い

20代から働き実績を積んだ今の仕事と、1から始める仕事では当然年収がダウンする可能性が高いです。

30代だから、30歳に見合ったお金がもらえるのは、企業にとってそれだけの価値がある人(=経験者)です。

同じ未経験なら若い方が良いのですから、大卒初任給しかもらえない可能性もあります。

そのことを頭に入れてから転職しましょう。

最後のチャンスでもある

ただし30代の未経験転職は最後のチャンスとも言えます。

40代になると、転職のハードルは更に高くなります。

30代なら、まだギリギリの年齢であり、職歴なしやニートなど未経験者が就職できるのも30代までと言われています。

応募規定を35歳までとしている企業もあります。

今の仕事がちょっとしんどいから程度の方にはおすすめしませんが、どうしても転職したいと考えている方はこの機会を逃さないようにしましょう。

別職種と別業種への転職

転職をすると決めた方に向けて、ここからは具体的な転職手順について解説いたします。

 

まず、第一段階として、「職種」と「業種」という考え方をしましょう。

未経験への転職といっても、「同職種・他業種」もあれば「他職種・同業種」もあります。

分かりやすくいうと「車屋さんの事務職」から「食品工場の事務職」への転職の場合「同職種・同業種」です。

「車屋さんの営業職」から「車屋さんの事務職」への転職の場合「他職種・同業種」です。

転職が成功しやすいのは「同職種・他業種」の方ですが、未経験への転職を考えている方は、同じ職種を避けたい方がほとんどだと思います。

ですので、可能なら「他職種・同業種」への転職を目指しましょう。

仕事内容は全く違いますが、業界知識はすでに持っており、今までの経験が活かせるので、有利です。

もし同じ業界も絶対に嫌!と言う方は完全未経験の仕事を探しましょう。

30代から目指せる仕事

では次に30代から目指せる職業についてお話し致します。

今まで30代から未経験で転職するのは厳しいというお話しをしてきましたが、30代からでも転職できる仕事は実はたくさんあります。

それはハローワークが発表している有効求人が多く、有効求職が少ない仕事です。

有効求人とはハローワークにある全ての求人数で、有効求職とは登録者の人数です。

つまり求人数に対し、登録者の希望人数が少ない職種は、人手が足りていない仕事ということなので、採用確率が高くなるのです。

悪い言い方をすると、人気のない仕事なら、30代からでも目指せる職業ということです。

人気のない仕事というと、ブラックであったり、嫌な仕事のように聞こえるかもしれませんが、向き不向きがあります。

①営業職

②販売職

③飲食

④接客

⑤工場・倉庫

⑥介護

⑦IT・プログラマー

これら7つの仕事は有効求人数の方が多い仕事です。

求人の探し方

転職活動の方法は大きく分けて4種類あります。

①ハローワーク

②転職サイト

③転職サイトでのスカウト

④転職エージェント・人材紹介会社

ハローワークで転職活動

ハローワークは各県、市町村にあるので、まずは最寄りの施設に行きましょう。

受付で登録をすませて、求職者NOを発行してもらい、求人検索のPCでお仕事を探します。

気になる求人を見つけたら印刷をして、職員さんに渡せば、職安相談人の方が目当ての企業へ電話をしてくれます。

その電話で面接日の決定、または書類選考の為、履歴書の送付などの指示を受けます。

ハローワークでもらった紹介状を同封して、結果を待ちましょう。

ハローワークの良い所はこのように職員さんに任せておけば、選考段階までコマを進めてくれる所です。

転職サイトで転職活動

転職サイトはリクナビNEXTやマイナビ転職など、転職者専門の転職サイトを通して、企業に応募する方法です。

ハローワークにはない大手企業がたくさんあり、自宅からでも応募できるのがメリットです。

まずは自身の希望条件などを登録しておいて、希望する求人が掲載されたらメールが送られるように設定しておくと転職活動を効率化できます。

スカウトでの転職活動

昨今流行りの転職活動方法で、転職サイトに登録しておき、企業に見つけてもらって、スカウトを受ける待受型の転職方法です。

ただし未経験職種の場合、あまり良い企業からスカウトは受けれないので、期待値は低いでしょう。

転職エージェントでの転職活動

転職エージェントは簡単に言えば民間のハローワークです。

登録することで、求人紹介・書類添削・面接対策・企業へのプッシュ・待遇交渉などを行なってくれます。

また会社独自で抱えている非公開の求人もたくさんあるので、未経験転職で利用するには最適です。

まだどんな仕事に就くのか決めていない方にも、丁寧にカウンセリングし、キャリアアップの道を導いてくれるので、おすすめです。

自己分析と書類対策・面接対策

ではここからは書類選考対策を行いましょう。

転職をすると「応募→書類選考→面接→内定」と順を踏んでいきます。

履歴書と職務経歴書でのアピールが重要になってきます。

 

アピールは冒頭から述べている通り、

「この会社に適した人材である」

「なぜこの企業を選んだのか明確な理由がある」

の2点を意識しましょう。

また、誤字脱字にも注意してください。

企業の面接担当者が最初に見るのは、丁寧に履歴書や職務経歴書を書いているからです。

ここから丁寧な仕事をする人物かを判断します。

そして、今までの経歴やスキルから、この会社に適した人材かを判断し、最後に「なぜうちの会社を選んだのか」、これはつまり、目指す思いが一緒かを見ています。

これらに注意して書くようにしましょう。

これらを書くためには、自己分析や企業分析が必要不可欠です。

会社のHPや求人要項から、企業の本音を読み取り、自分の自己分析とうまく重ね合わせましょう。

また、履歴書に利用する証明写真なども明るく元気に見えるものを使用して下さい。

できるなら写真館などでプロに撮影してもらうとよいでしょう。

面接対策

面接に関しては、20代の新卒であれば、細かいビジネスマナーや受け答えなど基本に忠実な方がよいですが、再三述べている通り、30代なら出来て当たり前ですので、それよりも書類選考時と同じく、「なぜ当社を選んだのか」「なぜ私達はあなたを雇うと良いのか」を説明することです。

これらを個人的な意見だけでなく、客観的に見ても納得できるよう説明しましょう。

面接に慣れていない方は、ビデオカメラを使用して練習したり、家族や友人に見てもらいアドバイズをもらいましょう。

 

書類でアピールなんてできない、面接でどう対応していいか分からないという方は転職エージェントを利用するのが手っ取り早いです。

転職エージェントの項目でも解説しましたが、利用することで専門の担当者がつき、あなたの今までのキャリアやスキルを棚卸し整理し、企業へのアピールポイントを教えてくれます。

そうすることで、一般的な転職サイトやハローワークで自力で応募するよりも、選考通過率は高くなりますし、コンサルタントが企業にプッシュしてくれるので、有利になります。

転職エージェントは、求職者を紹介することで企業から紹介料を儲けているのですが、早期退職した場合、返金しなければいけないので、ミスマッチにも注意をはらっています。

ですので、あなたに本当に適した会社を紹介してくれるのもメリットの1つです。

内定から現職の退職まで

内定が出たら入社日の決定を行いましょう。

お勤めの方は、退職日を考慮して入社の日を決める必要があります。次の仕事が決まったからといって、すぐに辞めることはできず、通常は1〜2ヶ月程度の期間が必要です。

これは会社の就業規則に書かれているので、まずは確認しましょう。

民法上は2週間あれば退職できますが、円満退職を目指すなら、まずは会社に従ってください。

どうしても1〜2ヶ月が厳しい時だけ、民法に従うとよいでしょう。

 

また大抵の場合、ここで引き止めをくらう方が多いです。

すでに転職先が決まっているので、引き返すことはないでしょうが、自分の意志をしっかり持っておきましょう。

「あと半年いてほしい」「新しい人が入るまでいてほしい」などは特に多く、結局ずるずると何年も続いたり、半年勤め上げても労いの言葉ひとつなく退社ということもざらにあります。

そのまま現職で働けるのなら、それがベストですが、辞めることを決めているのなら、信念を曲げないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました